還暦のお祝いに家系図を

家系図作成工房.com



還暦のお祝いに家系図を贈るのは、大変喜ばれることだと思います。


ここでは、還暦について、還暦のお祝いとしての家系図について、お話します。



(そもそも還暦とは?)


還暦とは、60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支にかえることから、

元の暦に戻るという意味でこのように呼ばれています。


干支というと、子、丑、寅、卯、・・・を思い浮かべる方も多いと思いますが、

これは正確には、十二支(じゅうにし)のことで、

これとは別に、十干(じっかん)というのがあります。

十干は、甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸、となります。


干支は、字のとおり、この十干と十二支を組み合わせて表現されます。


干支が一回りというと12年ではないの?と思われる方もいるかと思いますが、

10個の十干と12個の十二支を組み合わせたものなので、

10と12の最少公倍数である60が干支の一回りとなるのです。



(還暦祝い)


還暦祝いは、数え年61歳のお祝いです(満60歳)。


お祝いに、赤いちゃんちゃんこ贈ったりするのは、

干支が一回りして赤ちゃんに戻ることとか、

男性の場合、還暦の年がちょうど厄年にあたることから、魔除けの意味でとか、

諸説あります。

昔は、生まれてきた子供に魔除けの力があるという赤の産着を着せていたことから

赤ちゃんに戻る還暦に、魔除けの意味も兼ねて、赤いちゃんちゃんことなったのだと思います。



(還暦祝いとしての家系図)


60歳ぐらいの方だと、家系調査をするとだいたい3世代から5世代程度さかのぼれることが多いので、

お孫さんまで含めると、6世代から8世代の家系図になることが予想できます。

これは、見た目にもかなり豪華な家系図になり、出来上がった家系図に大変満足いただけるかと思います。ご家族みなさんで、自分が家系図のどこにいるのかを確かめながらお話をするだけで、還暦のお祝いが盛り上がることは間違いありません。



(家系図を贈り物とする時に注意する点)


還暦のお祝いに「家系図」作成をご依頼いただく場合に、一番注意しなければならないのは、

作成期間です。なぜなら、家系調査は時間がかかる仕事だからです。

まず、戸籍調査だけでも、あまり転籍などをされていない方でも1か月程度、

転籍などをしていると2か月以上かかります。

これに現地調査などを加えると、それなりの時間が必要になります。


ですので、とにかく出来るだけ早めにご依頼いただくのが良いと思います。




ぜひ、還暦のお祝いに「家系図」を贈りましょう。