還暦以外の長寿のお祝いについての豆知識

家系図作成工房.com



長寿のお祝いには、還暦以外にも、


古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿、大還暦などがあります。


それぞれ、70歳、77歳、80歳、88歳、90歳、99歳、120歳(数え年)のお祝いです。



(古希)


古希(こき。原文の表記は古稀)とは、70歳のことです。

唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」に由来しています。これは、飲みのツケは普段行くところにはあるものだ。でも70年生きている人は昔から稀である、と言う意味です。

お祝いの色は、紫色となっています。


大相撲の双葉山の連勝が69で止まった時に、当時のラジオのアナウンサーが、「七十古来稀なり」と言ったそうです。


現在では、70歳は、まだまだ若いですよね。ぜんぜん稀じゃなくなりましたね。



(喜寿)


喜寿(きじゅ)とは、77歳のことです。

「喜」という字の草書体が七の字を3つ並べて書くことから、七十七歳のことを喜寿と言います。

七十七と書いてあるように見えるから、という説もあります。

お祝いの色は、古希と同じで、紫色です。


家系図を作る点からみると、喜寿ですと、さかのぼれる世代が還暦のときより1世代くらい少なくなります。ただ、その分、孫やひ孫の世代が充実すると思いますので、伝え残すものとして、大変貴重な系図ができると思います。



(傘寿)


傘寿(さんじゅ)とは、80歳のことです。

「傘」という字の略字が、八と十で書かれることから、八十歳のことを傘寿と言います。

お祝いの色は、黄色(金茶)です。



(米寿)


米寿(べいじゅ)とは、88歳のことです。

「米」という字が、八と十と八に分解できることから、八十八歳のことを米寿と言います。

お祝いの色は、傘寿と同じで、黄色(金茶)です。



(卒寿)


卒寿(そつじゅ)とは、90歳のことです。

「卒」という字の略字が、九と十で書かれることから、九十歳のことを卒寿と言います。

お祝いの色は、白色です。



(白寿)


白寿(はくじゅ)とは、99歳のことです。

「白」という字の上に一を加えると「百」になることから、99歳のことを白寿と言います。

お祝いの色は、もちろん「白」ですね。



(大還暦)


大還暦(だいかんれき)とは、120歳のことです。

2回目の還暦を迎えたことになるため、こう呼びます。


このお祝いができたとしたら、とても素敵なことですね。